おぼろな…

 @ 皇室とわたし

 A あの時、何が
 │
 ├ 平成皇室年表
 │
 └ ひとつの推察

 B 聖性のありか
 │
 └ あべこべの世

 C 素朴な疑心
 │
 ├ 託したいもの
 │
 └ 囚われ人たち

 D 皇統と未来
 │
 └ みなに笑顔を


 

みなに笑顔を

2015.05.10

 私は、普段の生活の中で、皇室を意識することは、まずありません。 何かの折に「あー、いたなあ、へー、ありがたい」と思うぐらいです。

 でも、強く意識することもあって、それは最近では東北の大震災の時でした。 当時、菅直人首相が奮闘されていましたが、その言動に重みは感じられず、日々不安になる中、 陛下のお言葉を聞き、私は安堵できたのです。

 歴史や経験に裏打ちされた、一筋の光を見るような、救いや癒しのような。 そのとき私は、天皇という存在の大きさと、ありがたみを感じました。

 二千年の歴史をもつ王家に育ち、磨かれた人格。 それは国家が危機に瀕した時、また人々が不安や絶望に陥った時、 民衆に絶対的な安心感をもたらす存在として、いつも居てくださる。

 だから私は、日本の未来のためにも、皇室制度は続いてほしいと思っています。

 日本が国難を迎えた時に、天皇は鮮やかにその頂点によみがえる。 為政者に裏切られても、最後に頼れる絶対権威の王がいる。

 そもそも天皇や皇太子ほど、この日本について真剣に考えている人はいない、と言われます 過去から現在、未来、そして世界での立ち位置まで。専門教育もされるし、自分でも熟考する。 そこに皇室という家系の、永続の根拠があるからでしょう。

 もし血統が途切れたら、三種の神器が失われたら。日本人が滅んだら、人々から見放されたら。 そこで神話からの二千年の王家と、日本の伝統的な国体は終焉する。それは皇祖皇宗に対して心底申し訳ない。 凄まじい重責と緊張感です。

 だから天皇や皇太子は、常に鋭敏にそれに感応し、平安を祈り続けるのでしょう。 そうして天皇と民衆は、心の深いところで互いを求め、結び合います。

 逆に言えば、そうした国難の時以外は、さほど目立たなくて良いような気もします。 普段は、皇居で地道に国事行為をして頂き、折々に祭祀を行って、作物の豊穣と国民の安寧を祈って頂く。

 ですから私は、平成の公務漬けスタイルには甚だ疑問があります。 まるで何かの強迫観念か、次男坊のトラブルの代償でしょうか。役人の利権に使われるのを得策としたのか。 もしくは両陛下が、公務の場で大衆から賞賛を受けることでしか、存在価値やエネルギーを得られないとか。 いずれにしても多少の病理を感じます。

 次代になったら無駄な公務は減らして、空いた時間で文化的な趣味や研究をしてもらいたい。 昭和がそうだったように、私的な時間を増やし、比較的ゆったりと生活してほしい。 もとより皇族には、国民のような自由や人権がないのだから。

 皇位継承についても、早く典範を改正して、安定させてほしいです。でも、あの事件以来、止まったままです。 宮内庁も両陛下も真相を今だ隠しています。どちらも「自分達は正しい」という立場を守りたいからでしょう。

 もし明仁さんが、舅として次男一家を贔屓したいなら、「私の次は秋篠宮で」と言ってもらいたいです。 実は公平無私な人ではなかったと露呈しますが、むしろ筋は通ります。 とはいえ悠仁君に何かあればそこで終りです。残る「旧皇族復帰案」も、時代錯誤だと国民から顰蹙を買うでしょう。

 だからこそ既に、将来の皇統の安定を考えて、改正案が導き出されていたのです。 それは、皇統の専門家(田中卓氏、高森明勅氏など)も推奨するシンプルな案でした。



皇室典範 第一条 皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する
  〃  の改正案 皇位は、皇統に属する皇族が、これを継承する



 国民と同じ一夫一婦制で、神話からの血統と三種の神器を世襲で受け継いでいく。 男女問わず直系長子を次の皇太子とし、早くから帝王教育を進める。 国民も一緒になって、その誕生を喜び、ご成長を見守る。

 結局は、10年前の改正案と同じです。男子のいるいないは関係ない。 2005年秋の報告書をもとに、細部を詰めて、再び国会に上程するだけ。

 そうしないと、「秋篠宮家による皇位簒奪」という疑念は拭えません。 ですから、あの事件を糧として、国民みなが学び、今度こそ典範改正の実現を後押しする。 その中で、当時それを凍結させた安倍晋三氏も、責任の一端を感じられるでしょう。

 これは出来るだけ早くやった方がいいです。若い女性皇族方が減っていく前に。

 …こうして今振り返っても、秋篠宮夫婦は本当に余計なことをしてくれた、と思います。 宮内官僚が促したとはいえ、天皇もどこかで止めるべきでした。 政治に無用な混乱を招き、皇室に厄介な分裂の種を撒きました。

 なぜ双系主義に見えた明仁天皇が土壇場でたじろいだのか。その理由は不明です。

 ただ、こうした事態は、紀子さんが皇室に半ば強引に入った時から、予兆はありました。 昭和帝の喪中に、不自然な婚約会見を開き、礼宮は情けない顔で、紀子さんは満面の笑みでした。 その背景については、当時から噂が広まっていました。

 その後、紀子妃は公務によく励んで下さっています。 とはいえ、あの仮面のような笑顔の裏で、本当に幸せなのか、全く分かりません。 あれが彼女の野心によるものだったのかも不明です。紀子様には彼女なりの苦労があるのだろうとしか言えません。

 実際、紀子妃も皇室の負の面の被害者だという見方もできるのです。 真相を誰かが話さない限り、あの笑顔の仮面は外すことは出来ないと思います。

 私は、天皇陛下にせよ、皇后さまにせよ、皇太子殿下や雅子様にせよ、他の宮家の皇族方にせよ、 もしあの方々が皇室に生まれてこず、または嫁がず、一般人であった方が幸せであったなら、 一国民として申し訳ない気持ちになります。

 雅子様がかつて仰いました。「あとで人生を振り返って、皇室に嫁いで良かったと思えるようになれば…」と。 本当にそうなってほしい。でなければ悲しい。であれば、本来その主語は、妃殿下でなく、 「国民が、妃殿下方にそう思って頂けるよう」、みなで暖かくお支えする、ということでもあるべきだと私は思います。

 皇室に生まれ、嫁がれた方々に、充実した人生を送って頂くこと、そして自然な笑顔を取り戻してもらうこと、 それが皇室全体、ひいては日本の幸せに繋がるのだと。

 私は、今の皇室を見て、高円宮の久子様の笑顔が一番好きです。品格があり華やかです。 花がお好きで、宮家の玄関には色とりどりの花々が飾られていると聞きます。 また、雅子様が時々見せてくださる、菩薩のような暖かい眼差しも好きです。 運動会で愛娘の成長を見て、微笑み、涙されていたのも印象的でした。

 いつか皇室の中に、そんな暖かい笑顔が溢れる時は来るでしょうか。

 残念ながら、平成の両陛下がいるうちは無理かもしれません。平成の世が進むにつれ、お二人の狭量と自己愛とご精勤のスタイルが、息苦しい空気を作っていきました。 そしてとうとう雅子妃は倒れ、あの事件まで起きました。

 それは両陛下が崩御されても終わりません。彼らが責を認めない限り、負の遺産は次代に引き継がれるのです。 今の皇太子夫婦は、それで10年ほどは苦しまれるでしょう。宮内庁の暗部の浄化も必要です。 でも、その困難を乗り越えた時に、きっと皇室の中に、真っ直ぐで自然な笑顔が溢れるのではないか。

 私はそこに、未来の皇室への希望を持ちたいですし、 高天原にいる天照大御神さまも、それを見守って下さっている、と思うのです。



2015.05.10
著者:知凡

トップに戻る△


inserted by FC2 system